情報セキュリティ基本方針

株式会社RayArc(以下、当社と表示)は、設立以来、総合的に情報サービス業を営み、顧客から請負うシステムの開発は調査分析、要求定義、基本設計からプログラム製造、現地調査、保守まで一貫して行なっています。
当社は、以下に掲げる「情報セキュリティ方針」を定め、当社役員及び従業員に周知すると共に、当社が業務上知り得る全ての情報資産を適切に保護するための情報セキュリティマネジメントシステムを確立し、もって社会に貢献いたします。
中でもお客様情報を含む情報セキュリティの確保は最重要課題と捉え、情報資産が常に漏洩、改ざん、破壊といった脅威にさらされていることを強く認識し、それらリスクを最小限に抑え、情報資産を安全に活用するため不断の努力を続けるにあたり、ここに「情報セキュリティ基本方針」を定めることと致しました。
当社の業務に携わる総ての役員、従業員がこれを遵守し、統一された意識のもとで情報資産を取扱い、保護することをここに宣言致します。

  1. 当社は情報セキュリティの重要性を認識し、情報資産に対する適切な管理について全社を上げて取組み、「情報セキュリティ基本方針」を策定し、実施し、維持し、継続的に改善して行きます。
  2. 当社は社員全員が社内規定及び個人情報保護法を始めとする情報セキュリティに関連する法令、確立された規格、その他の規範を順守し、これらに準拠、適合した情報セキュリティの構築、確保に向け取組みます。
  3. 当社は情報資産に対する漏洩、改ざん、破壊、紛失等に対し適切な措置を講じ、機密性、完全性及び可用性を確保するための適切な管理を行い、これらを脅かす全ての脅威から情報資産を保護することに努めます。
  4. 当社は全従業員の情報セキュリティ意識及び技術向上を図ると共にセキュリティ事件、事故の対応について教育、訓練を継続的に実施致します。
  5. 当社は情報資産に対する事故発生の予防に努め、万一事故が発生した場合には、事故対応は勿論、再発防止策等適切な対応を迅速に実施致します。

制定日:2010年5月12日
株式会社RayArc
代表取締役 仲田 喜義